岡本暁史

岡本は2003年以来フランスに住んでいる。彼はより彼自身の奥底に潜むものを作品の中に埋め込もうとしている。そして、彼を取り巻く世界、その存在について自分に問いかけている。彼の作品、それは素材、形である。日本で、銀箔と色粉を使うテクニックを作り上げた。彼の作品の表情は驚かすことを止めない。クラッシックでありながら斬新な彼の世界は見る人たちを夢や詩の世界へと誘う。彼が受けたすべての影響は彼の日本人としての体、ヨーロッパでの生活が混ざり合っている。それは日本の精神、慣習、伝統そして古い大陸での新しい生活すべてが交じり合っている。

現在の活動

Résonance[s]
European exhibition for arts end crafts
7 to 11 november 2014
Parc des expositions - Strasbourg (France)
http://www.salon-resonances.com/en/